キャルルックエンジン2次仕様
Cal-look motor 2276 ver.2

早くも2次仕様(笑)一次仕様はいまいちパワーが足りなかった!積んですぐ下ろしました。
変更点は、ロッドとヘッドとピストンリングです。ロッドは、スキャットIビーム5.6インチ→ポータークロモリ5.5インチ
ヘッドは、044ウェッジポート44X37バルブ。ピストンリングは、トータルシール→デイビス。
A ver.1 was changed to the ver.2 soon because it wasn't enough for the power.
Change points are a rods and a heads and a piston rings.
from scat 5.6in I-beam to pautor 5.5in cr-mo.
from 044 40X37 to 044 44X37 Wedge-port
from total-seal to davis rings

スペック spec はこちら

ヘッドの変更に伴い、ピストンとバルブが接近するのでバルブリセスを切りました。今度はプロの技です。Valve recess was cut because a valve approached a piston along with the change of the heads.This time is professional skill.

リセスの容量は、1.2CCでした。The capacity of the recess is 1.2cc.

エンジン仮組みして、クリアランスを計測 A clearance is measured after an engine is put temporarily together.

ピストンに気合を入れる!(笑)Fight is shown in the piston!

一人50馬力!One person 50 horsepower!

エンジン組んで搭載し、いよいよパワーチェックに行きます。It goes for the Dyno-test!

ロッドが.1インチ(2.5ミリ)短くなってインマニが7ミリ長くなってます。キャブの位置が2.5ミリ中に入って7ミリ高くなってます。(微妙だけど、その差がでかい!ボディーとのクリアランスが微妙)) Rod becomes short 0.1in, and intake-manifold is long 0.28in..(Though it is delicate, that difference is huge!) A clearance with the body is delicate

行く途中で、Gテックで小手調べOn the way to go, in the G Tec, trial
期待持てます!It can have an expectation!

で結果〜〜〜ちょっと大きく出すぎるシャシダイです。パワーカーブに注目ください(^^ゞIt is DYNO which is greatly too much.

210馬力は出てるでしょ!シャシダイ番長決定〜〜!?210 horsepower appears securely.

パワーの秘密は、デッキハイト1.3ミリ(9,1cc)+リセス分1,2cc+チャンバー42CCで、52.3cc。気筒当たり569ccなので、569割る、52,3の10.9に1足して、圧縮11.9!
The secret of the power is deck-hight 1.3mm.(9.1cc),and ricess(1.2cc)+chamber(42cc)=52.3cc.CR is 11.9!!

 

メニューに戻る

Ads by TOK2