親孝行な友人の 有馬温泉ぶらり散策 <2/2>

  

 ◆有馬温泉の発見

 有馬温泉の守護神として名高い湯泉神社の縁起によれば、泉源を最初に発見したのは、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二柱の神であったと記されています。

 この二神が有馬を訪れた時、三羽の傷ついたカラスが水たまりで水浴していました、ところが数日でその傷が治っており、その水たまりが温泉であったと伝えられています。温泉のありかを教えてくれたこの三羽のカラスだけが有馬に住むことを許されたと伝えられており、「有馬の三羽からす」と呼ばれています。

 

   

  

  

  

  

   

  

   

   

  

  

 

← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る
Ads by TOK2