城山公園(川之江城) <2/3>
  
川之江城(城山公園)

 南北朝動乱の頃(約650年前)南朝方、河野氏の砦として、土肥義昌が延元2年(1337)鷲尾山(城山)に川之江城を開いた。興国3年 (1342)北朝方、細川頼春が讃岐より七千の兵を率いて攻めてきた。義昌は出城の畠山城主由良吉里と共に防戦したが破れ、城を落ち延びて各地を転戦した 末、武蔵国矢口の渡しで戦死をしている。
 細川氏の領有後、河野氏に返され、城主は妻鳥友春になった。

 元亀3年(1572)安房の三好長治が攻め入ったが、撃退している。
 土佐の長曽我部氏の四国平定の力に攻しきれなかった友春は、河野氏に背いて長曽我部氏に通じた。怒った河野氏は河上但馬守安勝に命じて、城を攻め取らせ た。天正7年(1579)前後のことと思われる。

 河上但馬守は、轟城の大西備中守と戦い、討たれたという話も残っているが、天正10年(1582)長曽我部氏の再度の攻撃に敗れ、戦死落城し ている。その時、姫ヶ嶽より年姫が飛込んで自殺したと言う悲話伝説も残っている。

 天正13年(1585)豊臣秀吉の四国平定に破れ、小早川、福島、池田、小川と目まぐるしく領主が替り、加藤嘉明の時、最終的に廃城になっ た。数々の攻防は、川之江城が地理的に重要な位置にあったための悲劇ともいえる。

 戦国の世の終わった寛永13年(1736)一柳直家が川之江藩28,600石の領主になり、城山に城を築こうとしたが、寛永19年 (1642)病没。領地は没収されて幕領となり、明治に至ったため、わずか6年の「うたかたの川之江藩」で終わった。

 その後年月を経て城跡は、本丸付近の石垣にわずかに名残を留めるに過ぎなかったが、川之江市制施行30周年記念事業として、市民の浄財を基に 城の再建が計画され、昭和59年より城山公園整備事業として着手した。

 建築にあたっては、日本城郭の権威者である東京工業大学名誉教授藤岡通夫博士の指導を受けた。昭和61年6月30日本丸跡に天守閣が完成し た。涼櫓・櫓門・隅櫓・控塀も順次完成し、園路広場の面整備の完成をもって昭和63年3月31日城山公園整備事業は全て完了した。

川之江城 パンフレット より
  

  

  

  

  

(左)(中)製紙会社の煙突からは、早朝から煙が上がっておりました(^-^)
  
← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る   進む →
Ads by TOK2