講中の皆様と西九州のお寺巡り <13/16>

 

  

  

 

 

  

 

  

  

  

 ■2007年06月01日
 町内の“講中”の皆様と一緒の九州お寺巡り -- K --

 松尾山光勝寺での参拝を終えますと、とっくに正午を廻っておりましたから、小城町の名物『鯉料理』での昼食となりました(^.-)☆
 行き先は「味の殿堂・鯉料理“鯉御殿”」です。

 勿論予約はしておりますけど、辿り着きますまでの道程の道幅の狭いこと(^-^;
 なんでも、予約時に「12bの大型観光バスが駐車出来ますか?」と尋ねますと「あぁ充分に大丈夫ですよ…」と回答されたとの事で、安心して“鯉御殿”にとバスは向かいましたけど、“鯉御殿”で行き止まり(^-^;

 方向転換は出来ませんし駐車場にも入れません(^-^)
 お陰で、私達はとりあえず下車。“鯉御殿”にと歩いて入って行きましたけど、バスの乗務員san達は四苦八苦。
 バックし、どぅにか方向転換が出来ましたようで、なんとか近隣の路上に駐車出来ました様子(^-^)
 “鯉御殿”の従業員sanは、12bのバスの大きさがどんなものなのか理解しておられなかったのかも分かりませんねぇ〜

 そんな事はさておきまして、あまりお目に掛かりません鯉料理。
 臭みでもあるのかと思いましたら、シッカリ冷やしてありましたから、結構コリコリ感がありまして、それなりに美味しいモノではありましたネ(^_^)v

 ネット上で“鯉御殿”を検索してみましたら、この“鯉御殿”のバイク好きな息子sanのこんな記載がありました。


 ■味の殿堂・鯉料理“鯉御殿”

 味の店・鯉料理専門店 佐賀県小城町清水(0952)73-4151
 座標 緯度 33°19′09″N
 経度 130°13′01″E

 営業時間 11:00から19:30まで
 定休日 水曜日 駐車場 50台(共同駐車場含む)

 馬鹿店ぜひおいでください!!

 身の引き締まった鯉のアライと自家製の味噌ダレは、どこにも負けないうちの自信作。コクのある甘口のタレが自慢の鰻の蒲焼きも格別。
 大分直送の山菜を使った山菜小鉢は、しいたけ、タケノコ、ぜんまいがおふくろの味で楽しめます。


 …と、こんな内容でありました。

 何でこの小城町が鯉の産地なのかは分かりませんけど、あまり鯉料理に縁がありませんGONsanですから、珍しさも手伝い仲々美味しく頂けましたネ(^.-)☆
 それにしましても「駐車場 50台」とは、こんな駐車場は何処にあったのでしょうねぇ(^-^)//"
 まぁイィのですけどネ(^-^)/

  

  

← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る  進む →
Ads by TOK2