二条城(世界遺産)
 二 条城(世界遺産)

 桃山文化の粋が結集されている二条城は、慶長8年(1603)徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿所として造営し、その後、寛永3年 (1626)三代将軍家光が後水尾天皇を迎えるために大改修が行われ大体いまの体裁を整えました。

 早朝散策時の二条城の景観をご案内致します。
  

(左) (中)(右)京都に出かける前に京都府亀岡市に立ち寄りで、いずれもJR亀岡駅前の景観です(^.-)☆

  

↑↓  いずれも早朝散策時の二条城周りの景観です(^.-)☆ 中に入れず残念でした(^-^;

  

  

  

(右) JR二条駅です(^.-)☆

← 戻る  Contents に戻る  トップページに戻る  進 む →
Ads by TOK2