史跡・高松城跡(玉藻公園)をご案内 致します(^-^)/ <3/3>
  
史跡・高松城跡(玉藻公園)の沿革

 高松城は、またの名を玉藻城と呼ばれていますが、その由来は万葉集で柿本人麿が讃岐の国の枕言 葉に「玉藻よし」と詠んだことに因んで、このあたりの海が玉藻の浦と呼ばれていたことによると言われています。

 この城は、天正15年(1587年)に、豊臣秀吉から讃岐一国17万6千石を与えられ、国主と して入府した生駒親正が、天正16年から香東郡野原庄(篦原)と呼ばれていた現在地に築城に着手した平城(水城)です。縄張り(設計)は、当時築城の権威 であった黒田孝高(如水)とも細川忠興とも言われています。

 数年の歳月を費やして完成し、高松城と名付けました。瀬戸内の海水を外堀、中堀、内堀に引き込 んだこの城は、日本の三大水城の一つと呼ばれています。城には、本丸を中心に時計廻りの方向に二の丸、三の丸、桜の馬場、西の丸が配され、三重の堀ととも に堅固な構えとなっていました。

 生駒氏の治世は4代54年間続きましたが、寛永17年(1640年)に生駒騒動と言われる御家 騒動により、讃岐一国を召し上げられて、出羽の国(秋田県)矢島一万石に移されました。このあと、寛永19年(1642年)に当時常陸の国(茨城県)下館 藩主だった松平頼重が東讃岐12万石の城主として入場しました。頼重は徳川家康の孫で、有名な徳川光圀(水戸黄門)兄にあたります。
 将軍家と近親の関係にあった頼重は中国・四国の監察役を命じられていたと言われています。

 頼重以降、松平氏の治世は11代228年間にわたり、高松は松平氏の居城として栄えました。

 お城は、明治2年(1869年)の版籍奉還により廃城となり、一時、政府の所管となりました が、明治23年(1890年)に城跡の一部が松平家に払い下げになり、昭和20年には松平家から財団法人松平公益会に継承され、さらに昭和29年に高松市 が譲り受けて、高松市玉藻公園として昭和30年5月5日から一般に開放しました。

 現在の玉藻公園の面積は79,587u(約2万4千坪)で、往時の城域66万u(20万坪)と 比べると8分の1ほどの広さです。
 城跡には重要文化財の月見櫓、水手御門、渡櫓や艮櫓とともに石垣や堀などが残り、昭和30年3月2日 に国の史跡に指定されています。また、高松城は彦根城と姉妹城縁組みをしていますが、これは第11代藩主頼聰の奥方として、彦根藩主であった井伊直弼の次 女千代姫が輿入れしている縁から、昭和41年に結ばれたものです。

  

(左)(中)(右)いずれも天守閣跡からの展望です

  

(左)(中)(右)いずれも天守閣跡からの展望です

  

(右)内堀越しに天守閣跡を

  

(左)(中)内苑御庭の景観です (右)月見櫓です

  

(左)月見櫓 (中)内苑御庭沿いから鞘橋を (右)内苑御庭沿いの景観です

 

(左)(右)天守閣跡を内堀越しに撮りました(^.-)☆

  

(左)披雲閣です (中)ここは管理事務所だったでしょうか… (右)どなたかの作品が展示されてあ りました

  

(左)内苑御庭の景観です (中)宿泊ホテル近くの早朝の商店街です (右)こんなオブ ジェが置かれてありました(^-^)/
  
← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る
Ads by TOK2