大分県 臼杵市 <7/15>

  

(左)臼杵石仏入場券発売所です バスを待つ間に周辺の景観を… JR上臼杵駅です
石仏からの帰路は上臼杵駅でバスを下車 上臼杵駅〜臼杵駅間はテクテク歩きながら臼杵市内を散策でした(^.-)☆

  

(中)(右)寅さんのロケも行なわれました福良天満宮です(^.-)☆

   

(左)(中)福良天満宮境内内の景観です(^.-)☆

   

  

  

(左)(中)(右)龍原寺・三重塔です(^.-)☆

  

  

龍原寺・三重塔

 古都臼杵市のシンボルの一つとして見逃せない建築物のひとつ。
 龍源寺境内にある太子塔であり、中に聖徳太子の像を祭っている。臼杵が生んだ江戸時代末の名工・高橋団内(だんない)の作で、十年の歳月をかけて1858(安政5)年に完成した。

 その歴史的景観はあまりにも有名で、多くの人たちに親しまれている。塔の軒下のユーモラスな『邪鬼(じゃき)』を見つけることも見学のポイントである。
← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る  進む →
Ads by TOK2