湧永満之記念庭園 <1/2>
 2007/06/21(木)

 ここんとこ仲々会う機会にも恵まれず、久しく音信が途絶えておりました友人から久々に画像が届きました(^.-)☆
 早速、拝見しますと、広島県安芸高田市甲田町に存在します『湧永満之記念庭園』の画像でありました(^_^)v

 勿論、GONsanは出かけた事はありませんけど、う〜ん、いつ頃出かけられましたのでしょうねぇ〜
 とにかく、画像情報を見てみますと、撮影日時は5月7日でありました(^-^)
 そぅでしたか…GWの連休直後に出かけられましたようですねぇ〜


 ■湧永満之記念庭園

 当庭園は、湧永製薬株式会社が所有していた甲田町糘地(すくもじ)の牧場跡地(約45,000坪)を有効に活用しようと、当時の社長・湧永儀助が発案・設計し、施工もすべて社員による、文字どおり手づくりの庭園です。

 湧永製薬株式会社の創業者・湧永満之社主(1992年8月没、享年82歳)は、こよなく愛した郷里(広島県安芸高田市甲田町)に造成中の当庭園の現場に度々足を運び、完成の暁には地域の皆さまに開放し、共に憩う場にしたいと楽しみにいたしておりました。甲田町名誉町民第一号の栄に浴した社主の、郷里に対する深い想いを感じていただければ幸いです。


 +当庭園の目的+

 ●医薬品の研究開発素材を広く天然物に求めるため、世界各地の薬用植物を収集し、研究する。
 ●長年にわたって培ったバイオテクノロジーを植物へも応用し、品種の改良・育成を行うとともに、世の中に有用な新品種の創製をめざす。
 ●社員の福利厚生施設『憩いの場としての庭園』づくりを目指す一方、広く一般にも公開し、地域の文化、教育面の充実・向上に貢献する。

 当庭園の一般開放による地域貢献は高く評価され、これを含めた広島事業所の地域緑化への取り組みに対し、1997年には「花の町づくりコンクール」で農林水産大臣より最優秀賞をいただきました。さらに、翌1998年には「緑化推進運動功労賞」で最高位の内閣総理大臣賞に輝きました。


 …と、“湧永満之記念庭園”のホームページにはこんな記載がありましたネ(^.-)☆

 この日はあいにく曇天でしたようですけど、仲々キレイな庭園です。
 湧永製薬株式会社の創業者・湧永満之氏は広島県安芸高田市甲田町のご出身だったのですねぇ〜


 “
当時の社長・湧永儀助が発案・設計し、施工もすべて社員による、文字どおり手づくりの庭園”とはチョッとビックリですけど、こぅして画像で拝見します限りでは、とても素人の皆様の手作りとは思えません。
 機会に恵まれましたら、是非、私も出かけて見たい気持ちになってしまいましたよ(^-^)//"

  

  

  

  

  

  

  

  

 

  

  

← 戻る  Contentsに戻る  トップページに戻る  進む →
Ads by TOK2