RDB 間の互換性

iSeries (OS/400) のデータベースは機能 (SQL /インデックス、トリガー等の SQL オブジェクトなど) でも構造 (コストベース・オプティマイザーや実行計画 (アクセスプラン) などアーキテクチャの構成部分) でも他のデータベース製品と比較してまったく遜色ない、それどころか優れたところの多々ある RDB です。

実行できる SQL などの機能などもそうですが、トランザクション高負荷時の安定性、オプティマイザーの賢さ、信頼性といったものは製品を長いこと作り続け、改善してきたことの蓄積がものをいいます。S/38 からのことを考えれば Oracle や MVS 用のオリジナル DB2 などと同様のキャリアを持つ OS/400 のデータベース、もっと正統な評価を受けててもいいんじゃないかと思います。

まあ、そういう安定性とか信頼性とかいったものは頭のどこかに置いておいて、で目に見える比較対象としてはサポートしている SQL やポーティングの仕方についてのガイドとかいったようなものになってしまいますね。
ここではそうした資料やリンクを集めてみようと思ってます。


DB2 どうしでの SQL の互換性については、以下のような IBM のサイトがあります。

DB2 Universal Database Selected Common SQL Features for Developers of Portable SQL Applications

他の Oracle とか MS SQL Server などとの互換性については以下のようなサイトがあります。

DB2 - Porting Information

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2