ジョブ情報の取得

プログラムの中でジョブの実行情報を取得したいことはままあることと思います。
READ トリガー/RPG でトリガー処理」で、プログラム状況データ構造から取ってくる方法と System API を使う方法のサンプルコーディングが載っていますので、参照してみてください。

その「READ トリガー/RPG でトリガー処理」のサンプルプログラムについてちょっとした別の書き方を見つけたので、スクリーンショットを取っておきました。

プログラム状況データ構造の定義

↓は、プログラム状況データ構造の定義の仕方を、位置指定から OVERLAY キーワードを使った書き方に書き換えてみました。

INZ(*USER)

また、ジョブのそのままの実行情報ということで、INZ(*USER) という指定ができます。これを利用する手もあります。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2