ドミノでの JavaScript の使用 (補足)

各設計要素ごとに使えるイベント

各設計要素ごとに以下のようにイベントがあります。
ここに JavaScript を記述していく、という形になります。

ある程度複雑な処理や、共通で使用する処理は、JS Header のところで function として記述して、イベントのところで使用する、ということもします。
また、グローバルな変数の定義、onLoad よりも前に事前にしておきたいこと、などをやはり JS Header で記述します。

ページ フォーム フィールド アクション/ホットスポット/イメージ

各イベントの説明はこちらにあります。Lotus Script/JavaScript/式言語/Java すべてにわたって載っていますので、JS と書かれているものを見てみてください。
また、そのイベントの発生順序はこちらに載っています。(イベント自体の説明はこちら)

ドミノデザイナーのヘルプで JavaScript 関係はこちらにだいたいまとまってありますので、一度見てみてください。

ノーツでもブラウザーでも同じ動作をするようにするには

上にリストした各設計要素ごとのイベントがすべてノーツでもブラウザーでも使用できるわけではありません。

同じヘルプの中に以下のような注意があります。

ブラウザとノーツ クライアントで機能するイベント
ブラウザとノーツ クライアントの両方で機能しなければならないコードは次のイベントに限定してください。

  • 事前処理と事後処理をする文書では、onLoad、onUnload、onSubmit を使用してください。
  • フィールドにカーソルが入るときと出るときの処理では、onFocus と onBlur を使用してください。
  • アクション、ボタン、アクションホットスポットには onClick を使用してください。

もし、ノーツとブラウザーで同じように動くアプリケーションを作成したいのであれば、この注意を守って作成する必要があります。
機能的にはここに挙げられている 3点で、逆に言えばシンプルにまとめられると思います。

その他の例もこちらにいくつかありますので参考にしてみてください。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2