メール受信データベースの作成

ドミノにはメール受信データベースという機能があり、データベースに直接メールを送信させることができます。

オーダー受信データベースというデータベースが作成して、それをメール受信データベースとして構成していく手順をかんたんに見ていきましょう。


オーダー受信データベースの作成

オーダー受信データベースを作成します。
ここでは、このアプリケーションの都合でメールテンプレートを使用していますが、通常は必ずしもその必要はありません。

ドミノディレクトリへの登録

ドミノディレクトリを開くと、以下のように「メール受信データベースとリソース」というビューがあります。

ここのツールバーから「メール受信データベースの追加」を選択してください。

メール受信データベース文書の作成ができます。

最初の「メール受信データベース名」がノーツクライアントからはアドレス帳で選択できる名前になります。

「インターネットアドレス」がいわゆるメールアドレスになります。

次に「データベース」タブで、ドメインやサーバー、そしてそのメールを受信したいデータベースの名前を指定します。

メール受信データベース文書ができると、以下のように「メール受信データベースとリソース」ビューに表示されるようになります。

ノーツクライアントからの見え方

ノーツクライアントから見てみると、このように選択できるようになります。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2