オペレーション・コンソールの操作

「クライアント・アクセス」グループから「オペレーション・コンソール」のアイコンをクリックすると以下のような画面が現れます。

しばらく待つと「状況」欄が「許可の保留」になりますので、

以下のように「AS/400接続」のところの接続システムを右クリックして「制御の要求」を選択してください。

このような画面が出てきます。DSTのユーザーID入力画面が出てきます。ここで入力するユーザーID/パスワードはあくまでDSTのユーザーID/パスワードです。通常のQSECOFRのパスワードとは異なる場合がありますのでご注意ください。

「状況」欄が「接続」になって以下のようなコンソール画面が表示されます。Windowsで言えば「コマンド・プロンプト」、UNIXで言えばシェルですね。
ちなみに以下の画面は在席IPLの途中ですので、このような画面になっています。通常はユーザーIDとパスワードを入力する画面になります。

コンソールを切断する時やオペレーション・コンソールを終了する時は必ず右クリックで「制御の開放」を行って下さい。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2