Disk Watcher (V5R4)

V5R3/V5R4 で累積 PTF (7226/7198) を適用すると、"Disk Watcher" という機能が増え、ディスク I/O の状況をより詳細にモニターすることができるようになります。

新たに STRDW というコマンドが使用できるようになり、収集したデータをパフォーマンスデータとして分析できるようになります。

詳細は SE26541 という APAR を参照してみてください。


データ収集後の分析例です。

例 1

システム全体でレスポンスタイムの悪いディスク I/O オペレーションを並べたものになります。

"SRM" というカラムは "Sync I/O"、"Requested Sync I/O"、" Multi-path I/O" の頭文字をとって組み合わせた合成値がはいっています。3桁のそれぞれが、その"SRM" のどれであるかを示すフラグになっています。

"IOSTART (I/O Start time)" は ms、. "RESPTIME (Resp Time)" は μs で表示されています。

SELECT TCIOEND-TCIOSTART AS RESPTIME, FLOAT(TCIOSTART)/1000000 AS
IOSTART, TCDEVRNAM, TCASPNUM, TCUNITNUM, TCDQDEPTH,
CHAR(TCSYNCIO)||CHAR(TCRSYNCIO)||CHAR(TCMLTPTHIO) AS SRM, TCIOTYPE,
TCSUBUNIT, TCSMIOTYPE as SMIOT, TCPOOLNUM, HEX(TCSECTNUM) AS
SECTNUM, TCPAGECNT, TCIOHNDL, TCDQTIME AS QTIME FROM
QPFRDATA/QAPYDWTRC ORDER BY RESPTIME DESC, TCIOSTART ASC

例 2

ASP/ユニット毎にレスポンスタイムの悪い I/O リクエストを表示しています。

SELECT TCASPNUM as ASP, TCUNITNUM as UNIT, TCDEVRNAM as RSCNM,
TCIOEND-TCIOSTART AS RESPTIME, FLOAT(TCIOSTART)/1000000 AS IOSTART,
TCDQDEPTH as QD, CHAR(TCSYNCIO)||CHAR(TCRSYNCIO)||CHAR(TCMLTPTHIO)
AS SRM, TCIOTYPE AS IOT, TCSUBUNIT as MIR, TCSMIOTYPE as SMIOT,
TCPOOLNUM asPOOL, HEX(TCSECTNUM) AS SECTNUM, TCPAGECNT as PAGES,
TCIOHNDL, TCDQTIME ASQTIME FROM QPFRDATA/QAPYDWTRC ORDER BY ASP
ASC, UNIT ASC, RESPTIME DESC, TCIOSTART ASC

例 3

ASP を指定して、その中のどんなオブジェクトがどのプールでどのくらいのレスポンスタイムで I/O をしているのかを確認できます。

SELECT TCIOSTART, (TCIOEND-TCIOSTART) as RespTime, TCDEVRNAM,
TCASPNUM, TCUNITNUM, TCIOTYPE, TCSUBUNIT, TCSMIOTYPE, TCPOOLNUM,
TCPAGECNT, hex(orobjtype) as type, hex(orobjstype) as sub,
orobjname, orcontext FROM QPFRDATA/QAPYDWTRC, QPFRDATA/qapydwobjr
WHERE segkey=tcsegkey and TCASPNUM = 1 ORDER BY TCIOSTART ASC

こちらは ASP が別のものです。

SELECT TCIOSTART, (TCIOEND-TCIOSTART) as RespTime, TCDEVRNAM,
TCASPNUM, TCUNITNUM, TCIOTYPE, TCSUBUNIT, TCSMIOTYPE, TCPOOLNUM,
TCPAGECNT, hex(orobjtype) as type, hex(orobjstype) as sub,
orobjname, orcontext FROM QPFRDATA/QAPYDWTRC, QPFRDATA/QAPYDWOBJR
WHERE segkey=tcsegkey and TCASPNUM = 33 ORDER BY TCIOSTART ASC

インデックスアドバイザの結果を蓄積するテーブルやデータベースクロスリファレンステーブル、システムワイド・ステートメント・キャッシュなどがあります。

ユーザーオブジェクトである SAMPLE ライブラリー(スキーマ) の DEPARTMENT テーブルなどの顔ぶれもあります。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2