SYSIBM ライブラリー

V5R2 以降、DB2 ファミリーとの互換性維持のために SYSIBM というスキーマ (ライブラリー) があります。

おそらく中身は空だったりするのではないでしょうか?

この中身を復元するためのプログラムが存在します。

QSQSYSIBM というもので、CALL してあげれば、内容を再構築してくれるようになっています。
ちなみに CCSID 5026 では正しく動きません。CHGJOB CCSID(5035) もしくは CHGJOB CCSID(1399) を実行した後に、このプログラムの CALL を実行してください。特に制限状態にしたりする必要はありませんでした。テストしたシステムでは数分で終わりましたけど、存在しているデータベースの数などによっても時間は変わりそうですね。

何か壊れてしまったような時にも、このプログラムが使えます。

実行すると、こんな内容のものができてきます。

ちなみに、 以下の PTF が適用されている必要があります。
「ADD SYSIBM OBJECTS FOR DB2 FAMILY CONSISTENCY」というのが、まさしくそのまま当たってますね。

5722SS1 SI08451 (R520)

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2