添付ファイルのついたメールを受信して内容をノーツデータベースに格納する (実行編)

サンプルアプリケーションの実行結果は、こんなかんじになります。

オーダーの送信者

まず最初にオーダーを送信します。
ほんとの想定はインターネットメールなのですが、ちょっと都合でノーツクライアントでやってます。

宛先はメール受信データベースの「インターネットアドレス」です。

添付するファイルの名前は "Order.csv" と決め事にしてあります。エージェントはこの名前のファイルを解析するようになっています。

中身は今回はこんなかんじです。テスト用ですからね。

しばらくすると、エージェントで処理されて返信が来ます。

ノーツで実行するとやはり送信元にはエージェントを実行しているユーザーの名前が入ってきてしまいます。イントラネットなどの場合は、メール受信データベースではなく、ユーザーとユーザーIDをちゃんと作ってそのメールデータベースで同様に行なう方がいいでしょうね。

処理が正しく完了したようです。

オーダー受信データベース

オーダー受信データベースの方を見てみましょう。

これはオーダー受信データベースの受信ボックスです。("NewOrder"ビューがありますね)

ちゃんとメールが着いてますね。

オーダーデータベース

オーダーデータベースを見てみましょう。

CSV ファイルの中には 2行分のデータがありましたが、ちゃんと 2つノーツ文書ができています。

それぞれの内容です。ちゃんと CSV ファイルのデータと一致していますね。

こちらが 2行目のデータです。

ファイルが未添付の場合

たとえばファイルを添付しないでオーダーを送ったりするとこういうメールが返ってきます。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2