特定のテーブルに対してのデータベース・モニター (V5R2/V5R3)

データベース・モニターで V5R2/V5R3 から特定のテーブルのみのモニターをすることができるようになりました。

今まではジョブ単位で、そのジョブが発行した SQL はすべてモニターされていましたが、これでジョブ単位の特定のテーブル、もしくは全ジョブでの特定のテーブルに対するデータベース操作をモニターすることができるようになります。

V5R2 の場合、DB Group PTF 17 以上が適用されている必要があります。
ちなみに以下の例は OS/400 V5R2 に対して、PC 側の iSeries Access V5R3 で実行しています。


V5R2/V5R3 では以下のように STRDBMON コマンドの「注記」フィールドに 'TABLEFILTER('lib1/table1,lib2/table2') というように指定します。
いかにも当座のしのぎっぽいやり方なので、今後のリリースできっと変わるのでしょうが ......

こんなかんじでいろいろなテーブルにアクセスしてみます。

データベース・モニターを iSeries ナビゲーターの「データベース」-「SQL パフォーマンス・モニター」でインポートし、「EXPLAIN 可能ステートメントのリスト」を見てみましょう。

指定したテーブルについての SQL 文のみがモニターされているのが確認できますね。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2