ジョブ・テーブルの情報

実行管理/パフォーマンス管理の基本的なこととして、システム上でジョブはどのように動くのかを理解しておく必要がありますが、その時に Work Control Block Table というものを知っておくといろいろわかってくることがあります。ジョブをシステムの資源を分け合ってできるだけ最適な状態で稼動させるには、たとえば最初にジョブをどのくらいか初期化しておけば、余計な、資源追加のためのオーバーヘッドをなくしてスムーズにシステムを稼動させることが可能な場合もあります。
そういったことを考えながら、システム管理の画面のいろいろな情報やシステム値との関係を見ていきたいと思います。


まずはお馴染みの WRKACTJOB の画面です。

上の方に「活動ジョブ数: 158」とありますが、これは DSPJOBTBL コマンドを使用して得られる Work Control Block Table についての情報の中の「活動状態」の数に一致しています。
Work Control Block Table (WCBT) とは OS/400 がジョブをトラックするために使うもので、空のジョブのようなものです。活動状態のジョブとは、これに実際のジョブの実行時属性がセットされた状態のものと考えてください。つまり、活動しているジョブはかならず対応する WCBT エントリを持っているということです。

「活動状態」と「出力待ち行列」を足すと 718 になりますが、この数が DSPJOBTBL の下の画面の「使用中」の数に一致します。

DSPJOBTBL 画面の「使用中」の 718 は WRKSYSSTS 画面の「システム中のジョブ数」の数と一致しています。
つまりここの「ジョブ数」は、実際に活動しているものとジョブログか何かが出力待ち行列にいる(だけの)ものを示しています。

再度 DSPJOBTBL 画面ですが、「使用中」(718)と「使用可能」(1422)の数を足すと「合計」(2140)になりますね。この数は上の方の「永続ジョブ構造」の合計と一致します。「使用可能」もそのまま「永続ジョブ構造」の「使用可能」と同じですね。

この「使用可能」は作成されているが現在使用されていない Work Control Block Table エントリの数を示します。

「永続ジョブ構造」の「最大」はシステム値の QMAXJOB から取られています。

「永続ジョブ構造」の「初期」はシステム値の QTOTJOB から取られています。
IPL の時に作成される Work Control Block エントリの数です。次にちょっと理由は述べますが、この値は十分大きくしておいてください。簡単な数の算出方法としては、標準となりそうな時間帯の WRKSYSSTS 画面で「システム中のジョブ数」の値にいくらか(たとえば 20% くらいでしょうか)余裕を持った数をセットする、というのがいいのではないでしょうか。

「永続ジョブ構造」の「追加」はシステム値の QADLTOTJ から取られています。
「永続ジョブ構造」の「初期」を使いきってしまうと、OS/400 はすべてのジョブを一旦ページアウトして、追加の Work Control Block Table をここで指定された数だけ作成します。(ここの数が多いとページアウトの時間が長くなるわけですね。また、QTOTJOB の値が低すぎると、ページアウトの頻度が高くなるわけです。)

「一時ジョブ構造」の「初期」はシステム値の QACTJOB から取られています。
「活動ジョブ」とはいったん開始した後に終了して(しきって)いないジョブのことをいいます。先ほどふれたように、出力待ち行列にジョブログがあるだけのものも含まれます。「活動ジョブ」は QTOTJOB で使用されているメモリ量に加えて、ひとつあたり 110K 消費します。
この値の設定の目安ですが、WRKACTJOB での「活動ジョブ数」にいくらかの余裕を加味してセットすればいいでしょう。もちろん、システムがちゃんとたくさん使われている時のものでないと意味がありませんが。

「一時ジョブ構造」の「追加」はシステム値の QADLACTJ から取られています。
QACTJOB の数を超えた時に、ここで指定した分だけ追加で 110K を消費するわけなので、この値はあまり大きくない方がいいと言えます。

その他、システム値 QMAXACTLVL はシステム全体で活動状態にできるスレッドの数を指定します。基本的には *NOMAX でかまわないでしょう。


上限の 90% に達すると CPI1468 メッセージが QSYSOPR 等に出ます。

このメッセージに対しては、不用なスプールを削除する、などの対応を通常行うことになります。

システム値 QSPLFACN で *DETACH を指定しておくと、ジョブが終了した後のプリンター出力(ジョブログ等も含みます)はジョブから切り離され、ジョブテーブル自体はリサイクルされるようになります。
ただし、ジョブ情報から切り離されてしまっているため、たとえばジョブ名などからのジョブログの検索ができなくなる、といったデメリットがあります。

また、「上限の 90%」については、V5R4 以降はこの上限値を変更することができるようになっています。

SE31539 - OSP-MSGCPI1468 EARLY WARNING FOR JOB TABLE FULL

Abstract
OSP-MSGCPI1468 EARLY WARNING FOR JOB TABLE FULL
Error Description
Message CPI1468 is sent each time the job tables are            
extended after 90% of the maximum has been reached.            
In some situations this is not sufficient warning.              
Problem Summary
Message CPI1468 is sent each time the job tables are            
extended after 90% of the maximum has been reached.            
In some situations this is not sufficient warning.              
Problem Conclusion
This PTF allows you to set the percentage to a                  
value lower than 90% to get an earlier warning.                
                                                               
To set the percentage, create a data area named                
QMAXJOBPCT in library QSYS with the desired value.              
For example, to get a warning message at 70%:                  
                                                               
CRTDTAARA DTAARA(QSYS/QMAXJOBPCT)                              
          TYPE(*DEC) LEN(2 0)                                  
          VALUE(70)                                            
                                                               
After the data area is created or changed, to                  
force the change to take effect immediately                    
do one of the following:                                        
- IPL the system                                                
- change QMAXJOB system value                                  
                                                               
If the data area does not exist, or the value in                
the data area is not a 2 digit number in the                    
range of 01 to 89, warning messages will continue              
to be sent at 90%

PTF は V5R4/V6R1 はそれぞれ↓のようになっています。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2