WRKPTFGRP コマンド (V5R2)

V5R2 からグループ PTF をまとめて管理できるようになりました。

5250 の場合は WRKPTFGRP というコマンドが使用できます。

V5R1 までは各対象のライブラリーなどにデータエリアがあって、それを表示することでレベルを確認する、といったような状況でしたが、以下のように一覧表示させることができます。

上の画面で F11 キーを押すと、以下のような画面になり、どれがどのような内容のグループ PTF だかわかるようになっています。

また、上記の画面の各行にオプション 5 で「表示」を行うと、そのグループ PTF に含まれる PTF の適用状況等がわかるようになっています。
以下のような DSPPTF のサブセットみたいな画面が出てきます。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2