iNotes Web Access いろいろ

iNotes Web Access についていろいろ気がついたことをまとめてみました。

かなり脈絡がありませんが、ご容赦くださいませ。


iNotes Web Access を使用するにあたってのセキュリティの注意

ACLの「アクセス」と「Webユーザーによるアクセスの上限」

通常メールファイルにはそのメールを使用者が「管理者」権限を持っていますが、ドミノデータベースのアクセス制御リスト(ACL)には「Webユーザーによるアクセスの上限」という設定項目があり、こちらの指定次第で使用できる機能が若干変わってしまいます。

ACL アクセス Webユーザーによるアクセスの上限 インターネットパスワードの変更 不在通知 エージェント
編集者 編集者 × ×
編集者 設計者 × ×
設計者 編集者 ×
設計者 設計者

「インターネットパスワードの変更」はそのメールファイルの所有者しかできません。

「Webユーザーによるアクセスの上限」

「Webユーザーによるアクセスの上限」はアクセス制御リストの「詳細」のところにあります。
デフォルトは「編集者」になっていると思います。

「インターネットパスワードの変更」

右上の「プリファレンス」をクリックします。

以下のような画面が現われます。これはもうすでに「その他」タブを選んだ画面ですが、下に「インターネットパスワードの変更」がありますね。
「変更」ボタンをクリックしてみましょう。

こちらのように「パスワードの変更」ダイアログボックスが出てきますので、ここでインターネットパスワードは変更できるようになっています。

最初に触れていますが、この「インターネットパスワードの変更」はそのメールファイルの所有者しかできません。

「不在通知」

「不在通知」もやはり「プリファレンス」から行います。
「勤務時間」タブを選択してください。

「Webユーザーによるアクセスの上限」がデフォルトの「編集者」のままですと、こんなメッセージが出てきて不在通知の設定ができません。

「編集者」以上に変えてやるとちゃんとできるようになります。ここの例では「設計者」に変えています。

もういちど同じようにやってみると、ちゃんと「不在通知」の設定画面が出てきます。


「iNotes 共有フォーム」のAnonumousユーザーアクセス権限

サーバーのデータディレクトリの中に iNotes/Forms5.nsf という名の、「iNotes5 共有フォーム」というデータベースタイトルのファイルがあります。

このファイルに Anonymous が読者権限を持っていないと iNotes Web Access が正しく動きません。くれぐれも Anonymous をはずしたり、権限をとったりしないようにしてください。


全面的にNotesから移行する場合の注意

連絡先やグループは個人のアドレス帳にあるので、これを iNotes Web Access で使用するには個別に移行手段を考える必要があります。


iNotes Web Access の各パーツの利用

iNotes Web Access の各パーツを以下のように URL でアクセスできます。これを使用してドミノ上の Web アプリケーションにそれぞれのパーツを利用することができますね。

パーツ URL
メール http://<ServerName>/mail/<mailfile>.nsf/iNotes/Mail/?OpenDocument&ui=portal
カレンダー http://<ServerName>/mail/<mailfile>.nsf/iNotes/Calendar/?OpenDocument&ui=portal
タスクリスト http://<ServerName>/mail/<mailfile>.nsf/iNotes/ToDo/?OpenDocument&ui=portal
アドレス帳 http://<ServerName>/mail/<mailfile>.nsf/iNotes/Contacts/?OpenDocument&ui=portal
ノートブック http://<ServerName>/mail/<mailfile>.nsf/iNotes/Notebook/?OpenDocument&ui=portal

メールのアクセス例です。

カレンダーのアクセス例です。

タスクリストのアクセス例です。

アドレス帳のアクセス例です。

ノートブックのアクセス例です。

[Top Pageに戻る]

Ads by TOK2